« チョット足りないα7のWi-FiをPQI Air Cardで最強最高にする。 | トップページ | 留意風景 - 萩谷剛 写真展 »

2014.01.12

Planar 1,8/50 Rollei-HFT 1191600 Made by Rollei

Rolleiの一眼レフSLシリーズのQBMマウント用の標準レンズ。プラナーと銘が付いてるけど、カールツァイスとは書いて無く、Made by RolleiとRollei製を強調してある。HFTと書かれる以前の初期型のレンズにはカールツァイスと書かれた銘板も見た事があるので、元はツァイスが作り、製造権を買い取ってMade by Rolleiで作る。ローライお得意の方策のようだ。

この辺りの時代のレンズは一般的に50/1.4だと6群7枚で、50/1.8クラスは5群6枚が多い。京セラ・コンタックスのプラナー50/1.7やライカRシリーズのズミクロン50/2などが小口径でも7枚だと言う。枚数が多ければ良く写ると言う物でもないだろうけど、贅沢品には違いあるまい。つい最近発表されたシグマの新しい50/1.4に到っては13枚とか聞いてビックリ。ガウスタイプじゃ無いらしいし、シグマは薄いレンズを沢山使う傾向がある。光学設計の事は良く判らないので良し悪しは知らないが、ペラペラしたガラスが沢山より、塊ガラスがドンっと入ってる方が嬉しいかも。(話が脱線した)HFTプラナー50/1.8は計ると200g越えててチョット重いのだけど、さて何枚レンズなんだろう?

このレンズはフィルム時代から大変良く写る印象を持っていて、信頼を置いているレンズの一本。しかし、コンタックスG用のGプラナー45/2のショックから、テストするのを少々ビビリ気味だ。良いと思ってるレンズがPlanar 45/2と比較してどの程度の結果を示すのか興味深くもあり、怖くもあり、知りたいような、知りたく無いような・・・・


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

α7による実写では、フィルム時代の好印象そのままに非常に良く写った。EVFを覗きながら少し安心。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

知らない人とカメラとスマホで正面から打ち合い。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

Gプラナー45/2の方がコントラストが高いと言うかガッシリ写る感じ、HFTプラナー50/1.8は繊細で線が細く上品。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F4 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放付近の写真が無いのは、開放の写りが悪いからでは無く、開放でコレって言う写真が撮れて無いから。開放から十分良く写るし、F2.8で完全に実用になる点では実使用上ではGプラナーと遜色無い。ちょっと負けてる気はするけど。

過去の印象通りの良く写るレンズの実感を持って、いよいよ恐怖の定点テストに挑む・・・・いざ。

定点の結果は素晴らしい!(今時と比べちゃ駄目よ)Gプラナーには若干負けてる感じだけど、かなり善戦。今までテストした一眼レフ用の中では断トツに良い。開放だって、Gプラナーより口径が大きい事を思えば立派。実写の印象通りF2.8から完全に実用になる写り。全体的良いけれど、F5.6辺りまでは、画面の短辺に内接する円の内と外で画質の差が結構大きい。しかし、総じてフレアーも無く抜けが良い。周辺光量はHFTプラナー50/1.8は陰り少なく優秀。

Gプラナー45/2は1994年の発売だ。原型が1970年のHFTプラナー50/1.8も頑張ってる。時代の差を思えば、一眼レフ用の標準だって頑張れば頑張れそうだな。。。ちょっと安心、と言うか安堵だ。

定点撮影とボケテストのフルサイズ画像はこちら。
flickrでのオリジナルサイズの観かた。
一覧から見たい写真をクリック。
開いた画面の右端のドット三つ並んだアイコン「more action」をクリック。
「Download / All sizes」を選択でオリジナルサイズへアクセス出来ます。

|

« チョット足りないα7のWi-FiをPQI Air Cardで最強最高にする。 | トップページ | 留意風景 - 萩谷剛 写真展 »

コメント

このレンズは6群7枚の贅沢品でっせ、Voigtlander社から出ているColor-Ultron1,8/50と同じ物であります。コーティングは少し違うかも、光図はここ> http :// www.taunusreiter.de/Cameras/Bessa_RF_histo_dt.html#Ultron
多分Carl Zeiss Ultron 1,8/50(前玉凹のヤツ)からの進化系かな、その辺はちょっと判りかねますけどね。元祖ウルトロンはかの有名なトロニエ博士が設計ですから、次世代ウルトロンも悪かろうはずがありません。


投稿: koji | 2014.01.13 03:42

言うの忘れましたけど、この手のレンズの前板(bevel)を取ると下にツアイスの銘板が嵌まっているのがあるそうです。トキさんも調べたた面白いかも、、、

投稿: koji | 2014.01.13 03:47

やはり6/7ですか。ありがとうございます。
カラーウルトロン50/1.8も持ってるので、追々やります。

ローライは完全ライセンス品だから銘板の裏は無いとおもいますよ。(笑)
中判のアポゴンやローライゴンと同じく、元はツァイスの物のライセンス品。

投稿: tokitaro@店主 | 2014.01.13 09:46

ウチには、PlanarとUltron、両方ありますよ(^^;。kojiさんの情報通り、全く同じモノです(^^;。

投稿: 沖せんちょ | 2014.01.13 17:45

私も両方持ってます。コーティングの色異なりませんか?
まぁ、コーティングは同じレンズでも時期で変わったりしますね。

投稿: tokitaro@店主 | 2014.01.13 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58183/58904520

この記事へのトラックバック一覧です: Planar 1,8/50 Rollei-HFT 1191600 Made by Rollei:

« チョット足りないα7のWi-FiをPQI Air Cardで最強最高にする。 | トップページ | 留意風景 - 萩谷剛 写真展 »