« 荒川好夫写真展「北海道 冬 ~函館本線C62 今も生きる記録の中で~」 | トップページ | 21Century Electric Razors. #2 »

2011.10.17

21Century Electric Razors. #1

Bs5415

Braun BS5415
Twin Foils Rechargeable Shaver.
Equipment Two Floating Foils & Center Trimmer, With Popup Trimmer.
(The Pivoting Cutting System Automatically Adjusts To Every Contour Of Your Face.)
1Hour Quick Charge.(Ni-Cd)
Worldwide Voltage.

|

« 荒川好夫写真展「北海道 冬 ~函館本線C62 今も生きる記録の中で~」 | トップページ | 21Century Electric Razors. #2 »

コメント

首振り3枚刃のflex integralである。
シングルホイルから始まってflex controlでツインホイル化し、ホイルの間に長い髭を刈るトリマー刃を納めた、今でも続くBraunヘッド形態に辿り着いた初めのモデル。Braunシェーバーの一時代の完成形。

現在のseries3やseries7は首振り3枚刃こそ同じだが、フローティング構造を大きく変えてしまったので、異種なモデルと考えて良い。series5がflex integral直系で、素晴らしいソリッド内刃を使える最後のモデルとなりそうだ。(付属はプレス内刃だけど・・・)

flex integralはモーターパワーはその後のモデルと比べれば大人しいが、使用には全く不足無い。flex controlと同様に今現在同機に及ばない製品が殆どである。国政で国民シェーバーとして大量再生産して欲しい位。

シェーバーの開発してる人はリファレンスとして使ってみるべし。いかに自分の作ってるシェーバーが駄目か身に沁みよう。何も感じ無ければ、そんな感性だから作っても駄目なんだ。止めてしまいなさい。くれぐれもプレス内刃では無く、ソリッド内刃で使う事。今のBraun開発陣も使ってみろよ。

投稿: tokitaro@店主 | 2011.11.02 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58183/53010849

この記事へのトラックバック一覧です: 21Century Electric Razors. #1:

« 荒川好夫写真展「北海道 冬 ~函館本線C62 今も生きる記録の中で~」 | トップページ | 21Century Electric Razors. #2 »