« Spiders - 3 - 蜘蛛たちのいるところ | トップページ | 3週空いてから 『滝ふた旅』 »

2010.07.02

Konica C35FD 使ってみた。。。

コンパクト選手権第何弾?クラッセに続いてはkonica C35FDを使ってみた。
4000円で買ったGR1以降は全て借り物でニコン35Ti、コニカ・ヘキサー、フジ・クラッセと続いて来たが、今回は借り物では無くて「頂き物」だ。。。
ミノルタ好きで、エンスーな軽に乗ってるI様から、「これあげる」とプレゼントして頂いた、ありがたいカメラの結果報告。

そもそも、コンパクトカメラの撮り比べの事の発端は50mm付けた一眼と一緒に持ってく広角レンズ(35mm位)代わりにコンパクトカメラを持って行こうと、手持ちのKonica C35(FDじゃない奴)を引っ張りだしたのが始まり。

それ程写りにウルサイ訳では無いので、楽観的に何も心配もせずにC35で撮ってみたら、これが個人的要求画質性能を満たして無かった・・・

4000円のGR1をゲットして使ってみたら、これは噂に違わぬ写りで、個人的要求画質性能を軽くクリヤーした。
素晴らしい写りで、カメラの使い勝手も良く、文句の無いGR1なのだが、28mmって言うのが若干引っかかって、出来れば35mm位の写りが良いコンパクトは無いのか?と贅沢を言い出した訳だ。。。
GR1がえらく良く写るので、各社の高画質を謳ったコンパクトがどんな物かの興味も単純に湧いた。

店やblogで「あ~使ってみたい、あ~使ってみたい」と独り言を言い続けて居ると、優しいC53様がニコン35Tiとコニカ・ヘキサーを、鉄高様がフジ・クラッセと貸してくださり、遂にはI様がKonica C35FDをくれて、ゆうれい様がコンタックスT3を貸してくれて、T社のM様が京セラ・T AF-DをOBI様からはC35AFをプレゼントして貰ってます。

なが~い前置き終えてKonica C35FDの話。

オリジナルのC35はテッサータイプの38/2.8搭載のEEカメラ。持ってるのは正確にはC35 FLASHMATICだが、フラッシュマチック以外は何も変わらないので以下C35で。。。
このC35も元はNo-take様にプレゼントして頂いたありがたいカメラである。
今回使ったのはC35FD、同じボディにガウスタイプの38/1.8を乗せちゃったスーパーコルセアみたいなカメラ。
C35はビハインドシャッターのEEだけど、C35FDはチャンとした絞りとシャッターな偉いカメラ。
その為にEEではなく、シャッター優先AEになってる。
立派なレンズとAEの違い以外には違いを探すのが困難だ・・・ あ、C35FDは巻き上げレバーにプラカバーが付いてる。。。

35tiやヘキサー、クラッセ等は写りに関しては全く心配して無かったが、C35FDに関しては実際に写りを確認するまでは全く期待して無かったのである・・・
恐らく駄目なんじゃないかと思っていたのが本当。。。

Konica_c35fd_20100516_26_a3

どうも、ごめんなさい。ビックリ仰天な立派な写りでした。
コントラストは年代物なんで低目だけど、周辺まで破綻のない立派な写りである。
湾曲も少ないし、周辺まで光量もタップリである。
好みで言えば今までの中で一番である。

Konika_c35_091024022_300dpia3print

見縊っていた言い訳に、これはC35の38/2.8の写真。
ネットサイズのJPEGでは判らないでしょうが、中心から少し外れたらズルズルの写りなんである。
固体差もあるかも知れないが、L判プリントでもヌルっと感じる位・・・
これのデラックス判がC35FDなんで、正直あまり期待出来なかった。

Konica_c35fd_20100516_24_a3

長目のストロークのレリーズボタンの半押しでAEロック掛かるので、RFでのピント合わせと相まって使い勝手もすこぶる快調。
その上ネガの上がりも上々と良い事ばかりだ。
あ~本当にごめんなさい。

Konica_c35fd_20100516_11_a3

拍子抜けな位に写っちゃってねぇ・・・
さて、次回はコンタックスT3を予定してますが、ゾナー君はC35FDをKO出来るかな?

|

« Spiders - 3 - 蜘蛛たちのいるところ | トップページ | 3週空いてから 『滝ふた旅』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58183/48772325

この記事へのトラックバック一覧です: Konica C35FD 使ってみた。。。:

« Spiders - 3 - 蜘蛛たちのいるところ | トップページ | 3週空いてから 『滝ふた旅』 »