« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.21

明治大学博物館。。。久々かもカメラ買ったの。

20日の日曜日にお昼前にノッソリ起きて、行ってきました明治大学博物館

20091220b

前々から「アソコはスゴイよ」と噂に聞いていた明治大学博物館。
常設展示コーナーの「刑事部門」、「ニュルンベルクの鉄の処女」のレプリカが自慢の博物館。

20091220
入館記念のスタンプ。
ニュルンベルクちゃんと考古部門のマスコット土偶ちゃんのモチーフが可愛らしい。

ニュルンベルクの鉄の処女は諸説あって、本当に使われたか疑わしい考えもある。
「白状しないとコレに入れちゃうよぉ~」って脅かす為の物だと言う説もあったり。
単なるオブジェって説も。
今回実際に見て来た個人的見解では、悪趣味なオブジェ説を支持したい。
興味あるかたは見てきて考えて見て。

それよりも江戸時代のお仕置きの数々がインパクトあって、、、あ~今の時代で良かったと思う。
明治時代に入って打首止めた後の初期の即死出来ない絞首台も・・・
昔の刑罰は目的が判り易くて矛盾が無いのであった。。。

博物館を見てゲンナリしながら神保町を抜けて秋葉原までブラブラと、日曜日にしても人が多かった気がするが気のせいか?
小川町のオリンパスギャラリーに寄ってみたら、やっぱり休刊日。だよね。
取り壊し中の交通博物館を見物してJRで錦糸町へ。

ヨドバシとヒカリカメラで油売って帰宅。

Gr1

動作的には全く問題無いが、上部液晶表示難在りのGR1。
隣にあったコニカ・ビッグミニFと悩んだが「ストロボ設定がメカスイッチ」、「勝手に電源切れない」、「電源切っても設定を保持」の大きな違いでGR1の勝ち。
あぁ、でもビッグミニFの35/2.8も捨て難いな。
28mmってあんまり使い慣れて居ない。
ま、使ってりゃ馴れるでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.13

芭石鉄路探訪記 14日より開催。

銀塩写真展 <芭石鉄路探訪記>

明日12月14日より開催です。

Tamura

作者の自称鉄道写真家 田村 宏 様
店内壁面イッパイに埋め尽くしました。
年を跨いで新年1月9日までの開催です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.12

12日(土)は貸切です。

12日(土)は貸切営業となります。
何卒、ご了承ください。

Dsc_0159


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.06

ミスターニコン・後藤哲郎氏 特別講演会とアフターファイブ

12月5日(土)、フジヤカメラ主催で開催されたミスターニコンこと後藤研究室室長・後藤哲郎氏講演会に行ってきました。
F3時代からニコンの歴代フラッグシップの開発に携わって来た後藤さんのお話を聞く貴重な機会です。
普段よりプチっと頑張って午前中に中野に、、、中野サンプラザで常連さんと合流し会場入り。

ニコンの歴史から今後の展望まで、タップリ2時間弱の充実したお話し。
僕の中でニコンの後藤さんと云えば。F5、F100時代のプロダクトリーダーとして、それまで迷走気味だったニコンAFカメラを迷いの無い確固たる哲学を持たせた開発者として認識していたので、どんなお話しを聞けるのかと思ったのですが、宇宙に行ったニコンのカメラ、歴代スペース・ニコンのお話しは意外な切り口で興味深かった。
欲を言えばF5開発時の苦労話や開発秘話なんてのを、もう少々聞きたかったかな。。。

Dsc_0767
ご覧の通り想像を超えた大盛況!!!
公演後に後藤さんがサービスで披露してくれたレアカメラに群がる参加した皆さんです。

Dsc_0770
群がる人々の向こうにあったのがコレ↑
フォトミックFTnベースだと思うスペースニコン。
宇宙服のグローブ対応でピントや絞りにレバーが出てたり、反射映り込みによる計器などの誤認防止対策でマットブラック仕上げ。
レバーやマットブラック仕上げは判るけど、なんでフォトミックなんだろ?
あ~聞いて置けば良かった・・・
微妙にエキザクタ66に見えなくも無いが、、、気のせいだろう。。。

Dsc_0771
こちらは後藤さん私物の黒F。
壇上から参加者をスチャスチャスチャと達人の捌きで撮影してました。

公演終了後は急いで店開けて、参加された常連さんと講演会の話を肴にカメオタ談義。。。

Dsc_0775
講演会のお土産で頂いたニコン羊羹、ニコンキーフォルダー、フジヤカメラさんの社員さんが歌ったニコン社歌、応援歌CDと洒落っ気たっぷり。。。

Sany0010
集まった常連さんのニコンの山。。。

右の焼酎は筑波のエンドウさんが高山さんの写真展に差し入れてくださった米焼酎です。
エンドウさん、お礼が遅くなってしまってゴメンナサイ。
何時も何時もありがとうございます。
後藤さんの講演会に掛けて「三菱」って芸が細かい。。。

これで待ち受け体制は万全。。。

Sany0013

皆で首を長くしてお待ちしていた後藤哲郎さん(右)とニコンの皆さんがフジヤカメラの小池部長さんと一緒にtokinonに遊びに来てくださいました。
公演会後でお疲れにも関わらず、夜遅くまで歓談にお付き合いして頂いて感激。。。
実は以前にも一度ご来店されて居たのですが、その時はあまりお話しも出来なくて残念に思ってました。
幸い今回は楽しくお話しさせて頂た。

お帰りの時間にはスッカリ雨も止んで、店に居合わせた皆さんと路上で記念撮影。
その時も、後藤さんは積極的に撮影に参加してくださり、カメラも写真も大好きな方なのが感じられました。

「成る程ぉ、F5、F100とある意味ニコンらしからぬ最高にニコンなカメラは、こんな後藤さんだから産まれたのかも」と思った12月の夜。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »