« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.28

「乗合」開催中

先週までの寂しい壁面から一変。endo様の写真展「乗合」開催中です。

20070227a
25点の写真が並んでいます。

20070227b
月曜日に昭彦様が話題のドーナツを差し入れしてくださいました。
なんでも日中は行列しないと買えないらしいです。

20070227c
どーん!と、こんなに沢山!!!一個取ったあとだ・・・
ありがとうございました。
居合わせたお客さまと分けていただきました。
ミスタードーナツと違ってシットリして美味しかったです。
甘さはアメリカンです。

20070227d
これはPERO様に口を開けられるのを待ってるボトル。。。
PERO様以外に誰も飲まないよ。。。
PKR&KL残り少なくなって来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.26

乗合 - 遠藤浩之

「乗合」遠藤浩之
2007.2.26 ~ 2007.3.17 開催

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.21

m(__)m

恥かしながら本日2月20日は私の誕生日。。。
とうとう40歳になってしまいました。

20070220
たかどん様とwatanabe様がケーキをプレゼントしてくださいました。
ありがとうございます。

ご来店したお客様にお祝いしていただきました。
m(__)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.02.20

紙の話(インクジェット白黒写真編)

先日のPM-4000PXでのカラープリントの結果の良さに味をしめて、白黒プリントを研究中。。。
PM-4000PXでは「あーだ、こーだ」やった挙句に結局紙(ピクトリコ・フォトグロスペーパー)で解決した。
白黒プリントはHP7830なんだが、このプリンターは白黒印刷の時にYMCKとグレー2種を使って全体のトーンが揃ったプリントが出来るプリンター。。。(これが使って見たくて入手したような代物)
純正紙のプレミアムフォトプラス用紙だと蛍光灯下では純黒調な綺麗な白黒プリントが出来る。
だったらそれで良いじゃない?って思うでしょうが、一点気に入らない点がある。
この用紙はインクがリバーサルフィルムの乳剤面みたいに凸凹見えるのです。
気にしなければ良いのだけど、なんか気に入らない・・・
あと価格がとっても高いのが問題。。。(二点か)

そこで何種類か紙を変えてテストしてみた。
エントリーする用紙は以下
1.HP プレミアムフォトプラス
2.富士フィルム 画彩 写真仕上げアドバンス
3.富士フィルム 画彩 写真仕上げPRO 超光沢 厚手
4.コニカミノルタ フォトライクQP 写真画質 光沢 厚手
5.コクヨ プロフェッショナル写真用紙<厚手・高光沢>
6.エプソン 写真用紙クリスピア<高光沢>
7.ピクトリコ フォトグロスペーパー

HP プレミアムフォトプラスは光沢度が高い紙だ。純黒調で濃度も好ましい。黒が締まって焼きが浅い感じが無く非常に良いのだが前記したように凸凹が気になる。これさえ無ければこんなテストしなくて良い位。。。ちなみに気に成る凸凹はプレミアムフォトプラス以外には全く現れなかった・・・謎?

画彩 写真仕上げアドバンスはディスコン商品だが光沢感が高く、なにより純白度が高い。プリント結果はコントラストも上々で好ましい。HP プレミアムフォトプラスと比較すると焼きがほんの僅かに浅くなる感じだ。僅かにグリーン被りを感じるのが残念。。。

画彩 写真仕上げPROはアドバンスより更に光沢度、純白度が高い。エントリー用紙中で純白度は一番だ。プリントすると高い純白度に拠るものか、コントラストが高く、明度も良く黒も締まる。上記アドバンスと似た感じのプリントだがグリーン被りは無く冷黒調のプリントになる。人によっては冷たいと思うかも知れないが、これは非常に良い。

コニカミノルタ フォトライクQP 写真画質はエントリー中で一番安い紙だが、価格の割には良い紙だと思っている。特に染料でカラープリントの時は少々調節すれば綺麗なプリントが得られる良い紙だ。純白度と光沢では上記3種に一歩譲る。今回の白黒プリントテストではコントラストも黒の締まりも程々の結果が得られて健闘しているが、画彩アドバンスより更にグリーン被りがあって白黒に使う気には成れない。。。

コクヨ プロフェッショナル写真用紙は高級紙だが、純白度と光沢はフォトライクQPと同等な感じ。個人的には余りにピカピカした紙より之くらいが好ましいと思っている。故にカラーではフォトライクQPを良く使って居た訳だ。質感や見た目はフォトライクQPに似てるがプリント結果は随分と異なった結果となった。調子としてはプレミアムフォトプラスに非常に近く好ましい。プレミアムフォトプラスと比較すると僅かに温黒調となった。

エプソン 写真用紙クリスピアは今回のテストには期待外れの結果となる。紙単体だと光沢度は高いのだが純白度は一番低い。純白度に関しては低いと言うより紙を並べてみると明らかに黄色い。「うっそ~、マジ?これで良いの?エプソンさん?」って感じだ。プリント結果はセピアです。セピアとして見れば品の良いセピアかも知れないが、白黒プリントとしてみると・・・使えません。。。

ピクトリコ フォトグロスペーパーも試しにテストしてみた。PM-4000PXのカラープリントでは素晴らしい結果を得た紙だが、今回のHP白黒プリントテストには明らかに向いてない結果がでた。程々の光沢感で質感と調子は好ましいがグリーンが盛大に被った。フォトライクQPもグリーンが被るが単品でパッと観たら気づかない人も居るようなレベル。フォトグロスペーパーは明らかに緑だ。。。。

総合すると
HP プレミアムフォトプラス
富士フィルム 画彩 写真仕上げPRO 超光沢 厚手
コクヨ プロフェッショナル写真用紙<厚手・高光沢>
この3種が今回のテストでは好印象。
純黒調、冷黒調、温黒調と上手く揃った結果となったのは出来過ぎ。
もっともこれは蛍光灯下の話でタングステン光の下だと全部温黒調に転んじゃうのだがね・・・
それを考慮すれば「画彩 写真仕上げPRO」がベストチョイスの結論です。

「オマケ」
テストしていて面白い事に気づいた。
紙それぞれにに固有の匂いがあって、それが非常に異なる事。

「HP プレミアムフォトプラス」は水彩絵具の匂いがする。「画彩アドバンス」は粗無臭。「画彩PRO」と「クリスピア」は僅かに酸っぱい。「フォトライクQP」と「コクヨ プロフェッショナル写真用紙」はとても酸っぱい。学校の印刷室の匂いがする。「ピクトリコ フォトグロスペーパー」は普通の紙の匂いする。今まで「フォトライクQP」を使っていて酸っぱい匂いはインクのせいだと思っていたのだが、紙が臭かったのね。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.02.18

まったり週。。。

今週は週明けの火曜日に盛況だったのですが、後はまったりとした一週間。。。
寒暖の差が激しかったり、雨降ったりで・・・・

店内写真展も穴開いてしまって、壁はガラ~ンと寂しい限り。。。
26日からは遠藤さんの写真展開催します。

20070216a
壁面寂しいのを埋めるため?昭彦さんが東京都立高等学校学校文化祭・金賞受賞作品を展示してくださってます。

ここ数日夜中に帰ってからEPSONのPM-4000PXと格闘している。
頂き物なので文句も言えないのだが、このプリンターは紙との相性が激しい。
イロイロ試してピクトリコのフォトグロスペーパーとの相性が一番良いみたい。。。
世の中でもそういわれて居るだけの事はあるね。
ピクトリコが提供してるICCプロファイルでは私の環境では駄目だったけど(適当なモニター調節だから当たり前)アレコレ設定弄って気持ちが落ち着いて居られるプリントが得られた。
HP8753買おうかなぁ?と思って居たのだけど、PM4000で良いかとも思えて来た感じ。
(Q・Vさま、7830譲るの保留です。。。ゴメンナサイ。)

20070216b
この塊全てがコダクロームとは誰も信じないでしょう。。。
驚愕の400本弱・・・
事情を知りたい方はご来店してね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.03

今日は誕生日

2/4はスドウ様の誕生日。
一日早い誕生日の会食の後でご夫妻でご来店してくださいました。

20070202a
で、当然来ました新製品!
これはいいなぁ。。。

20070202b
ワインとケーキのお裾分けも頂きました。
ありがとうございます。
今回は飲ませ甲斐のある面々だったのかは不明。。。

20070202c
謎の忘れ物が一点ありました。
デカイ綿棒?
レンズ清掃ようなのかな?
お預かりして置きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »