« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.30

連日の誕生日

昨夜の昭彦様に続いて、本日は酔眼亭様も一日早い誕生祝。
居合わせたお客さんに撮影して頂いた写真を貼り。

20061229a
No-take様撮影

20061229b
watanabe様撮影

20061229c
20061229d
T.UCHIDA様撮影

20061229e
koseki様撮影

酔眼亭様おめでとうございます。
来年からは「た~くん」ですか???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.12.29

ハッピーバースデー

29日はミスターKこと昭彦様の誕生日。
一日早いですがケーキでささやかにお祝いさせて頂きました。

20061228a
納会の帰りで完全に出来上がっていましたねぇ。。。
おめでとうございます。

20061228b
スドウ様がクリスマスのワインのお裾分けしてくださいました。
あいにくワインが判る人間が居なくて、飲ませ甲斐ない面々が美味しいとの感想のみ・・・
一滴も無くなった後にワイン好きのOBI様が来て悔しがっていました。

書くの遅くなったけど、24日の日曜日に劇団SOLD OUT SORRYさんの第15回公園サンタクローズを観て来ました。

20061228c
おくむら様は今回は借金取立て役でした。
楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.24

ミノルタンOFF

本日23日はミノルタ好きの方々が集まっての忘年会。
貸切営業させて頂きました。

20061223
tokinonキャパ一杯の状態・・・
狭くて申し訳ありません。m(__)m
ありがとうございました。
又のご利用をお待ちしています。

にふかれって様から亡れん会用の写真が届きました。
FDとSAMSUNGとKOWAです。
KOWAはレンズシャッターSLRのSET-Rのレンズです。
にふかれって様、入れなくてごめんなさい。m(__)m
写真ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

3年

12/20発売になったアサヒカメラ新年号248ページにtokinonが紹介されました。
付録効果で発行部数ナンバーワン号だそうです。

20061222a
開店して3年経ってアサカメに載った。。。
これでtokinonも全国区か???

20061222b
こちらも3年経って店として認めて貰えたのか有村酒造から始めてお歳暮が届いた。
やはり何事も3年が一区切りなんでしょうか?

20061222c

20061222d

亡れん会、成長しつつ開催中です。
21日には遥々金沢よりマモルさんがFUJI GL690とマミヤプレスの写真を持って来てくださいました。
昭彦さんはFDでの水着写真も。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.12.18

亡れん会設営完了!

今年最後の写真展。
「亡れん会・亡くなったマウントレンズ写真展」
明日18日より開催します。

設営前には先ず撤収。

20061217a
譲って欲しいとの申し出があり、先週まで展示していた渡辺英明様の「遠い場所」の作品にサインする作者。

20061217b
watanabe様、Q・V様、No-take様、斉藤様が設営を手伝ってくださいました。
おかげさまで無事に設営完了!

ズノーフレックス、アルパ、エキザクタ、QBM、OM、FD、ミノルタV、 FOKA、コンタックスC、コンタックスN、コンタックスG、KOWA6、アサヒフレックス、フジカX、マミヤZ、オメガフレス、オメガフレックス、サムスンMF、プラクチカB、ミランダ、うーん未だあったかな???
とにかく結構亡くなったマウントが揃いました。(^_^;)
京セラAFはマモル様か沖せんちょ様待ちで、コニカARが無いからtokitaroが一枚もってきます。
では、このまま年明けまでバージョンアップしながら続ける予定です。
貼る場所が乏しくなって来たので、2Lでいいかも・・・
ノリタ66のポジ探そ。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.12.16

えむっぱち登場

あーだ、こーだ、云いながら発売が延びていたライカのM8が今日から販売されたようです。
のんきに待ってると誰かがぶら下げて披露しに着てくださるのが当店のパターン。
とは云っても流石にM8位の高額商品になるとS様がH様位なんですけど・・・・

20061215
S様が持って来てくださいました。。。(撮影はQ・V様にカプリオで依頼)
後ろのK10Dも買ったばかりのようですが、この日はオマケ程度の扱い・・・
S様ありがとうございます。

tokitaroも触らせて頂きましたが、通常の価値観ではコメントのしようが無いですねぇ。
S様は自分で買ったばかりの○十万のM8を箱からガサゴソ出しながら自分でケチョンケチョン。
恐らく本日日本で買われたM8の中で一番扱われの悪いM8だったのでは?(^_^;)
居合わせたお客さんに自由に触らせて頂いて感謝です。
カウンターの向こうから見ていた私は、誰か落としやしないかとハラハラしました。

たかどん様がクラクラして買っちゃいそうなフインキでしたねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

来週から亡れん会

各方面から大好評の「遠い場所」の展示も今週いっぱい。
来週からは年忘れグループ写真展として「亡れん会・亡くなったマウントレンズ写真展」を開催します。


亡れん会・亡くなったマウントレンズ写真展

などとノンキに云ってる場合では無く、tokitaroも参加するので写真を仕上げなければ成らないのです。。。
過去のネガやポジで誤魔化すのも気が進まないので、撮り下ろして来ました。
プラクチカBマウントではQ・V様がプラクチカール55/2.8マクロで出展してくださるので、50/1.4初期型で久々に撮りましたよ。
出展予定では無い奴をご挨拶代わりに貼り貼り。。。

20061214a

20061214b

他にはサムソンSR4000のクセノン50/1.4の出展を予定してます。
うーん、フジカAXやコニカARが出展無いようだったら出すかな???
QBMは居るのだろうか?
珍しいのでは、ズノーフレックスを筆頭にコンタクッスNとか集まっています。
あ~!ミランダ無いかもぉ?
ぢ様、何かプリントしてください。m(__)m
なんだったらプリントを帰り道に受け取りに参上します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.12.10

若女召痛め

うーん、店に行く前から冷たい雨がシトシトと降っていてテンション下がります。
バイクで行く気力が湧かずに泊まりも覚悟で久々の電車通勤。

20061209a

なんて思ったら雨にも関わらずに、それなりに賑わって頂きました。ヽ(^o^)丿
更に危惧した帰宅方法も、T.UCHIDA様がミカン色のデミオ号で送ってくださいました。
T.UCHIDA様、勘定貰った上に送って頂いてしまって有難うございました。m(__)m

最近はお客様の好みで盛り合わせ皿が大人気。

20061209b
N様はチーズハンバーグ&ガーリックチャーハン&ミックスベジ・プレート

20061209c
酔眼亭様のテリヤキバーグ&チキンライス・プレート

20061209d
この得体の知れない食べ物はkbyn様の要望で作った「大量ワカメ入りチャーハン」
「若女召痛め」と命名されました。。。なんじゃそりゃ???

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.05

OLYMPUS OM-4Ti

EOS630の項でカメラの哲学がどうたら等と書かせてもらったが、OLYMPUSのOM一桁シリーズは珍しい位の哲学を持ったカメラだ。道具の哲学を示すって事は「俺はこうで、こう言う訳だ」と毅然と居るわけで、「こんなのどうでしょうか?貴方色に染まります。」と言うのとは存在感が違うのは当然だ。
OM一桁の原点であるOM-1(M-1)を見ると、全ての部分に考えが行き届いていて、作り手なりの理由があるのが感じられる。こういうカメラ(道具)に出会うと、「フムフム、ほぉ~、ナルヘソ」と嬉しくなってしまう。仮にそれが自分には合わない造りでも、「うんうん、その考えもありだよなぁ」と尊重したくなるし、自分にとっても使いやすい造りだったりしたら「兄さん判ってますなぁ~」と思わずニヤケテしまい愛すべき道具の一つになるのである。
最終的に人は自分の主観でしか物事を判断出来ないのだから、「貴方に使い易いと思って造りました」より「人の事は判らんから、俺が使い易い物を造った」が正しいのだと思う。少なくとも僕は作り手がこっちの顔色伺いながら造った八方美人の道具より、作り手の考えが示された道具に惚れたい。そもそも道具に惚れるって事は、そう言う事だと思う。

Om4ti

OM-4tiはOM一桁の最終系。ダイレクト測光AEやマルチスポットなどが装備されている。OMの偉いところはカタログスペックの為の機能では無く、使う為の機能としてそれらが搭載されている事だ。例えばマルチスポットだが、同様の機能を持ったカメラにCanon T90がある。しかし、T90とOM4のそれは出来る事は同じだが異なる代物になっている。OM4のマルチスポットには切り替えスイッチは無い。何時でもスポット測光ボタンを押せばスポット測光して、複数回押せばマルチスポットとなる。対してT90はスポット測光をする時には事前にスポット測光モードにモードを切り替えて置く必要がある。どちらも同じような場所にスポット測光ボタンを装備しているのにね。「スポット測光したい時に押すボタンがスポット測光ボタンだろ」と、T90には言いたくなる時が多々ある。OMは作り手が欲しい使う機能として、T90は「お客さんがスポット測光したい時は、もちろんお応え致します。」と八方美人的発想だね。根底からして違う訳だ。

白状すれば慣れの問題もあってOMのシャッターダイヤルは形状を含めて僕には使い易い物ではない。
でも、これはこれでいいのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »